前回の記事の続きです。

すでに知っている方もいるでしょうが、なぜかトークンは城娘より喰らい判定が大きいです。

結論から先に言うとトークンは城娘より16だけ喰らい判定が大きいです。

どういうことかというと

このように城娘だと攻撃を受けないけどトークンだと攻撃を受ける場合があるということです。

 

そこで、実際にどれくらいトークンの喰らい判定が大きいのかを調べてみました。

範囲を表示させるのを忘れてしまいましたが、

範囲415の松本城では攻撃が届かず、

範囲416の岐阜城では攻撃が届いています。

つまり範囲400の元就がトークンに攻撃するときには範囲416になっているということになります。

同様に範囲300の大砲で調べたところ、こちらでも範囲が16増えていました。

全ての敵で試したわけではありませんが、元の敵の範囲が違っていても変わらず、

大将兜だけの特性というわけでもないようなので恐らく一律で16増えていると思います。

 

それともう一つ、範囲の始点について

どちらの範囲が正しいのかを調べてみました。

範囲300の大砲で1発目はトークンの範囲外から、2発目は範囲内で撃たれています。

よって画像の左のパターンが正解で、範囲の始点は城娘でもトークンでも変わらず中心にあるようです。


長くなりましたが範囲の検証についてはこれで終わりです。

いろいろ書きましたが、自分でもこの計測方法でいいのか、計測ミスはしていないかなど結構不安です。

16という数字に何か意味があるのかも気になるところです・・・・・・

ここ間違ってるんじゃないか?もっとこうしたほうがうまく測れるよ?など何か気づいたことがあればお気軽にコメントください。(もろちんそれ以外のコメントもOK)

追検証・反証、情報提供大歓迎です!!

The following two tabs change content below.
お菓子殿
komeに常駐しています。 一応引き継ぎ殿です。 絵の練習もしています。