クロンボー城  鉄砲 Kongeriget Danmark 

クロンボー城は、デンマークの首都コペンハーゲンから北へ30kmに位置し、ヘルシンゲルの岬にある城です

デンマークのシュラン島北東部のヘルシンゲルは、対岸にはエーレスンド海峡が面しており、エーレスンド海峡約7kmの先には、スウェーデンのヘルシンボリがあります

北欧ルネサンス様式の傑作ともいわれ、デンマークの代表的な城です

城のはじまりは、1420年頃、当時のデンマーク王、エーリク7世が砦を築いたのが始まりといわれています

なぜ砦が造られたのかは、北欧統一の間に、疲弊したデンマークの経済を立て直すことを目的に、エーレスンド海峡通行税を徴収(ちょうしゅう)するために建設した砦でした

この海峡を通る船からたくさんの通行税が集められ、その後の経済の基盤の元となり、その後の絶対王政の時代にも反映されました

1585年に、時のフレデリク2世によって大掛かりな改造が行われたとされています

この大規模な改造により、王宮としての役割、堅固な要塞としての機能が加わり、砦は、三階建て、四方を翼郭に囲まれる形になり、ひし形の城館の一角が灯台になりました

大砲が備え付けられて、れんが造りと、海峡を睨む堅固かつ重厚な造りから北欧ルネサンス様式の傑作ともいわれます

また、この頃からクロンボーと呼ばれるようになったとされています(クロンボーは王冠の城の意味であり、クロンボーのボーは城の意味で、デンマーク語で「ボー」(borg)は「城」なので、デンマークではクロンボーと読みます)

海峡の通行税によって造られたという歴史から、バルト海を睨むように大砲が立ち並び、海峡を通過する船に厳しく強い眼差しを与えていたことでしょう

英雄ホルガー・ダンスクの像

地下に下り、暗い通路を進んでいくと、クロンボー城の地下に眠る伝説の像があるといいます

デンマークが危機になったときに、英雄ホルガー・ダンスクの像が眠りから目を覚まし国を救うと伝説で伝えられています

地下が暗いので、地下通路に入る際に懐中電灯も売っているようです

世の中には幸も不幸もない ただ、考え方ひとつだ  ウィリアム・シェイクスピア 『ハムレット』より

ハムレットのモデルになったクロンボー

シェイクスピアの有名な戯曲、『ハムレット』の舞台にもなったとされ、作中に出てくる、エルシノア城のモデルと伝えられています

シェイクスピアはこの城を訪ねたことはないそうですが、北東入り口の向かいの壁にはシェイクスピアの胸像レリーフがあり、シェイクスピアのファンにも有名な城です

緊急出兵『異界門と紅血の皇女』において、クロンボー城が劇や脚本を作っているのは、シェイクスピアとの関係があるためです

夏には、城の中庭で現地の人によるハムレット・サマーの演劇会も上演されて世界遺産クロンボーの城は、観光客で賑わいます

フレデリスクボー城 Kongeriget Danmark 

フレデリクスボー城は、デンマークのコペンハーゲン北西のヒレロズ、バラス湖の上にある城です

実装されれば水属性がつくと思われます

フレデリスクボー城の起源は、16世紀の中ごろ(1574~1585年頃)に、この地あった貴族の館をデンマーク国王フレデリク二世が購入し、改築を施したことに遡ります

フレデリク二世の後を継いだクリスチャン四世が、オランダ人の建築家ハンス・ファン・シュテーヴィンケルとロレンツ・ファン・シュテーヴィンケルに命じて、1602年~1620年の月日をかけて大部分を改築しました

このとき、手がけられたルネサンス様式の宮殿が、今の原型になったとされています

クリスチャン4世の亡き後、デンマーク王国の戴冠式、聖別式など国の伝統的な行事に使われてきました

そして代々の歴代国王のコレクションを集めた、保管庫としての役割も果たしていました

しかし、1895年に火災が起こり大部分を焼失してしまいます

再建とビール

城の再建には莫大な資金がかかりますが、カールスバーグ財団が、資金提供し国立の歴史博物館として現在に至ります

カールスバーグは、ヨーロッパのサッカーを見る人は一度は広告を見たことがある、デンマークのビールで有名な企業です

再建したのがビールで有名なメーカーなので、実装されれば、柳之御所、有岡城、伊丹城、帰雲城とお酒が好きな城娘として期待されます

サンタンジェロ城  盾 Italy 

サンタンジェロ城は、イタリアの首都ローマにある古代城塞です

もともとは、ハドリアヌスの霊廟(れいびょう)と呼ばれていました

サンタンジェロ城の起源は、5賢帝の一人になぞらえる、ローマ皇帝のハドリアヌスが、霊廟として造るように命じたのが最初と言われています

霊廟の解釈は様々ありますが、建物の中に祭られた人(当時の身分の高い貴族やその家族、祖先など)のための宮、宗教的な慰霊や祭事を執り行う場所という意味合いが強いようです

建設は135年に始まり、139年にハドリアヌスが亡くなってから、完成しました

霊廟としてカラカラ帝の代までこの霊廟で眠り、この頃のサンタンジェロは、円形の美しい形で、頂上にはハドリアヌス帝が、戦車を引く像が置かれていたといいます

しかし、霊廟として安らかな御霊を護る存在から、しばらく時代が経つと、軍事的な施設として使われ始め、403年にアウレリアヌス城塞の一部になります

中世以後は、要塞としての役目、法王の住居、牢獄として使われるなど、霊廟の起源から、時代とともに使われる役目も変わっています

地上からではわかりませんが、上空から見ると。五角形のような形をしており、日本の五稜郭と共通するものがあります

サンタンジェロ城の秘密の通路

サンタンジェロ城には秘密の隠し通路がありました

繋がってるのは、サンタンジェロ城から歩いて約10分のバチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂です

この通路は、『パッセット・ディ・ボルゴ』と伝わり、教皇の避難するための通路だったといわれています

時期によってツアーもあるので、秘密の通路ツアーに参加してみるのもおもしろいと思います

聖天使を意味するサンタンジェロ城

サンタンジェロ城がなぜ聖天使と関係するのかというと、590年にペストが蔓延し人々を苦しめたときに、教皇グレゴリウス1世が、サンタンジェロ城の頂上で、『大天使ミカエル』を見たといわれ、その後、ペストの疫病が終息したという伝説が残されているためです

その伝説に、ちなんでラファエッロ・ダ・モンテルーポが作成した大天使ミカエルの大理石像がサンタンジェロ城の頂上に据えられています(屋上にある大理石像はレプリカであり、オリジナルの像は城内に現在はあります)

城の正面の橋、10体の像は、教皇クレメンス9世が、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(この時代の大芸術家)に依頼したといわれ、訪れた人を出迎えるように建ち並んでいます

サンタンドレア・デッレ・フラッテ教会とジャン・ロレンツォ・ベルニーニの像

サンタンジェロ城の正面の橋の10体のうち、ジャン・ロレンツォ・ベルニーニが作った2体の天使像が教会内にあります

なぜ、サンタンジェロ城から移されたのかというと、ベルニーニの2体の像を雨ざらしになるのを時の法皇が残念がり、移させた、ベルニーニがサンタンドレア・デッレ・フラッテ教会に通いお祈りしていた縁があるなどといわれています

ベルニーニの手がけた芸術は、現代でも人気が高く、訪れる人も多い観光スポットです

サンタンジェロ城は映画やドラマのロケーションにも使われることが多く、名作映画『ローマの休日』で主演のアン王女を演じるオードリー・ヘップバーンのシーンでも使われており、映画を鑑賞する際に見てみると楽しいでしょう

最近だとアニメやゲームの設定にもサンタンジェロ城が取り入れられている作品もあります

エディンバラ城  大砲 Scotland 

エディンバラ城は、スコットランドの東岸にあるエディンバラにあります

『キャッスル・ロック』とも呼ばれ、大きな岩山に聳え立つ雄姿は、エディンバラの都市の象徴であり、要塞化された巨大な城です

現在のスコットランドはイギリス国に組み込まれていますが、1707年のイギリス併合まで独立を長い間守ってきた歴史ある王国でした

エディンバラ城は、7世紀に創建されたといわれ、スコットランド王の居城として使われていました

スコットランドとイギリスの度重なる戦いにより、それまでの王の居城から、要塞化されていき、スコットランド軍の巨大な要塞として役割を担っていったといいます

『モンス・メグ』とは、超巨大級の中世の大砲(射石砲)ことで、その巨大な姿からは様々な伝説を生み出しています

総重量、6トン、射程距離は約3,2kmにも達し、外観からもその凄まじかったであろう威力が感じ取れます

現在、エディンバラ城にあるモンス・メグは、資料から再生産されたものです

城内に入るとすぐに、『アーガイル砲台』があり、日曜日以外の午後一時に『ワン・オクロック・ガン』といわれる空砲を発射する伝統的な儀式が今も残っています

城の最古の建造物のセント・マーガレット教会堂は、12世紀の初頭にスコットランド王ディヴィット1世の頃に造られたといわれ、ディヴィット1世の亡くなった母に捧げるために造られたと、近年の調査でいわれています

毎年8月にエディンバラで催されるのが『ミリタリータトゥー』といわれる伝統的な軍隊のパレードです

スコットランドの民族衣装キルトを身に着けた軍楽隊がバグパイプの楽器を演奏し、ハイランドダンスが見られます

ホリールード宮殿

エディンバラ城から続く石畳『ロイヤル・マイル』を25分ほど歩くとある宮殿です

『ホリールード・ハウス宮殿』とも呼ばれ、現在のイギリスのエリザベス二世のスッコットランドに来た際の公邸です

もとはスコットランドの国王の夫妻の住居で、要塞にして堅固で厳しい印象のエディンバラ城とは対称に、優雅な印象の宮殿です

このホリールード宮殿は、エディンバラ城を居城として住んでいた国王たちでしたが、山の上の要塞の機能が重視された城に住むより、緑や公園に囲まれた僧院に居住を移すようになり、次第に宮殿へと改築されたといいます(このあたりは諸説あります)

スッコッランド国王、メアリー王女の頃に、北の塔で、メアリー・スチュアートの居る前において、秘書が暗殺された現場でもあります(スコットランド国立美術館にその時の『ダビット・リッツイオ殺害の場』の絵があります)

ホリールード宮殿はエディンバラ城から歩いて25分の距離で、公園もあるのでエディンバラ城に訪れたら、王室関係者が利用している場合は立ち入りはきませんが、一緒に見ると良いでしょう

こちらも訪ねてみたい

ウェストミンスター寺院

スコットランド国王、メアリー王女が眠る寺院

イングランドに亡命し、その後陰謀の罪で処刑されたメアリー王女

ウェストミンスター寺院には著名な歴史人物が眠り、現在のエリザベス二世が戴冠の儀式をおこなったことでも有名です(故ダイアナ妃の葬儀もこの場所です)

イギリスの中世の大規模な※ゴシック建築であり、隣のウェストミンスター宮殿(国会議事堂)も見る価値があるでしょう

※ゴシック建築とはものすごく簡単にいうと、頂上の尖った塔のある建物の建築様式です

コカ城 Kingdom of Spain  

スペインのゼゴビアの小さな村コカに、コカ城はあります

城は、15世紀末にゼビリアの大司教フォンセカの命令によってモーロ人の職人に築かれたといいます

ムデハル様式といわれる、建築様式の代表ともいわれる城であり、れんがとタイルで作られた美しい幾何学模様の装飾が、見る人を歴史の世界に誘います

大司教フォンセカ家の後にも。次々にコカ城は貴族の手に渡り、引き継がれたとされます

19世紀になるとナポレオン戦争の影響で城は破却されてしまいました

その後は長期間、放置された状態になりましたが、農林省に貸与され、修復されて現在は農林学校として使われています

歴史的な建造物で、保存状態もよく15世紀当時の石壁、壁画、石像が残されています

場所が、コカの村から離れており、行くのならツアーなどが良いようです

内部は農林学校として使われているので、見学ツアーに参加した際は、静かに見学するのが決まりとなっています

城の周りには、たくさんの花が植えられており、花に囲まれたコカ城の写真も人気が高いようです

ロンドン塔 England  

ロンドン塔は、テムズ川の北岸に築かれた城塞です

正式名称が『女王の宮殿にして城塞』となっており1988年に世界遺産に登録されています

ロンドン塔は、長い歴史のなかで、イギリス王室の光と影を見続けてきたロンドンの古城といわれます

1066年に、ノルマンディー公のギョーム(ウィリアム1世)がイングランドに征服してきて、ノルマン王朝を開きました

ロンドンを外敵からの侵略に備えるために、1078年に建設を命じたのが、こんにちのロンドン塔の始まりとされています

このときの要塞をリチャード一世が濠の建設を始め、その後のヘンリー三世が完成させたといわれます

13の塔が並び、大きい塔、小さい塔が聳え立つ姿から、ロンドン塔と呼ばれるようになったといいます

イングランド国王の居城(王宮)として使われていましたが、ヘンリー八世の時代に監獄として使われていきます

1282年頃、イングランド国王ヘンリー八世は、敵対する者がいれば収監し、拷問を繰り返すようになったといいます

敵対する政治犯、貴族や僧侶が収監され処刑されました

外敵の侵略に備えた要塞ロンドン塔は、収監され監獄された者にとっては、逃げることのできない監獄としての役割を担っていくことになってしまうのです

ヘンリー八世には、2人目の王妃であったアン・ブリーン王妃がいましたが、ヘンリー八世に、無理に罪をきせられ処刑されたといいます

ヘンリー八世、アン・ブリーン王妃

この時のヘンリー八世、アン・ブリーン王妃の話は長くなりすぎるのですが、アン・ブリーン王妃の家は、遡ると四代まで平民の家柄でしたが、曽祖父の頃にロンドン市長にまでなり、貴族との関係を強めるために、縁組や貴族に娘を送り出し関係を強めていったとされています

アン・ブリーン王妃は、もともとはヘンリー八世の最初の妃であるキャサリン・オブ・アラゴンの侍女として仕えていましたが、ヘンリー八世に好まれていき、男子を産まないキャサリン妃よりも、アン・ブリーンが求められていったといいます

(ちなみにヘンリー八世の最初の王妃であるキャサリン・オブ・アラゴンは死去した兄の妻であり未亡人でした)

アン・ブリーンは、愛人として求められる地位は受け入れないとし、王妃になることを要求し、キャサリン妃とヘンリー八世は離婚します(この時、カトリックの宗教の問題もあり、いろいろ問題を抱え、その後のいろいろな人々との軋轢を生みます)

前の王妃キャサリンから王妃の座を奪取し、新たに王妃になったアン・ブリーンですが、次第に王妃の贅沢な生活に溺れ、ヘンリー八世からの徐々に寵愛も離れていきました

男児を身ごもったアンでしたが、産むことができず、流産を繰り返し、男児を産むことを期待したヘンリー八世(ヘンリー八世は、前王妃キャサリンが男児を産めなかったことも、アン・ブリーンを求める原因になっていた)を変えさせることになっていったともいわれます

アン・ブリーンは様々な罪を無理にきせられ、ロンドン塔において斬首刑にされます

現在のロンドン塔

現在のロンドン塔で最初に造られたとされる、ホワイトタワーは博物館になっており、王室の武具、鎧を見ることができます

ジュエルハウスには、世界最大のカナリンと呼ばれるダイヤモンドがあり、イギリス王室の豪華や宝石、王冠があります

ワタリガラス

城内には5羽のワタリガラスが、『レイブンマスター』という近衛兵に飼われているといいます

これは、1666年にロンドンで起きた大火災の際に、多数の人が亡くなっており、それを餌にしたワタリガラスが増えてしまいます

当時の王であるチャールズ二世は、ワタリガラスを駆除しようとしましたが、占い師の、『ワタリガラスがいなくなると、イギリスも滅びる』との予言により、飼育するようになったといいます(レイブンはワタリガラスの意味)

イングランド王国の象徴でもあるライオンがある城壁。

人々を荘厳に見下ろし、幾多の歴史の中でイギリス王室の光と影を見続けたきたのでしょう

行ってみたい城、観光してみたい場所は(複数選択可能)

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

 

The following two tabs change content below.
美月菜奈

美月菜奈

初心者のんびり気まま 効率よりも仲良く楽しく 煽り、迷惑行為、粘着行為、つきまとい行為、めんどくさい方は、恐れ入りますが固くご遠慮させて頂いております