千狐「今回は、今開催されている招城について最初に紹介します」

今回の招城1はいつもの注目招城ではなく、特選招城となっています

☆5以上の城娘が特選、特別に選ばれていまして、☆5以上の城娘はどの城娘が出てもすぐに活躍してくれる、外れのない豪華な城娘が勢ぞろいしています

☆5の城娘はどの城娘も強力で、駿府城、多賀城、萩城、大洲城、平遥古城と、すぐに即戦力になる城娘です

そして今回新しく加わった、大洲城、平遥古城も通常よりも出やすくなっていますね

~♪

あら与板城さん

今度、新しい与板城さんに似てる城娘さんが入りましたから宜しくお願いしますね

似てる・・・?

新しい城娘さんはどんなかたでしょうか

与板城さんと同じメイドさんの城娘さんですわ

・・・!

わたしや馬場城さんとキャラが被るのでは

そんなことありませんわ、台所にいるはずですから、いろいろ聞いてみて仲良くしてくださいね

・・・

どんな城娘さんなんでしょう・・・

 

 ???「与板城さんですか?」

・・・あなたが、もしかして新しい城娘さん・・・?

はい、大洲城と書いて、おおずじょうと読みます 仲良くしてくださいね

・・・!

・・・すごいかわいいです・・・

自己紹介しますね 大洲城は伊予松山の大洲、今の愛媛県大洲市に築城されました

近年復元された天守閣と4つの櫓が特徴的で、年間3万~4万近くが来場するお城なんですよ

へぇ~すごいです

大洲城の天守閣は明治21年まで現存していたんですが、

老朽化が進み、解体されてしまいました

でも天守閣は、明治21年まで現存されていたんですよね

はい、大洲城の天守閣は全国的に見ても特徴的です

内部は吹き抜けの手法を用いていて、1、2階が吹き抜けていて、1階から2階の天井が見えるつくりになっているんですよ

外だけじゃなく、内部も手が込んでいますね

はい、天守閣は復元され、2004年(平成16年)に竣工(工事完了)され、建築基準法などで木造の建築物は制約が多かったものの、特例で、建築されました

当時の資料がたくさん残っていたことから、当時と近い復元された天守閣を見ることが出来ます またこれらのことから日本100名城にも選らばれた理由にもされているんです

当時の資料がたくさん残ってるなんてすごい珍しいことですね

それはですね 大洲藩お抱え大工の中野家が江戸時代からの「天守雛形(ひながた)」と呼ばれる設計など資料を代々大切に保管してきたので出来たんです

歴史の大事な資料を大切に保存してくれている人がいるなんてすごいいい話です

あは

それにしても、江戸時代の頃つくられたお城が明治時代に入っても残っていたんですね

はい、そうなんです、今もある4つある櫓は復元されたものとは違い、古くから残る現存櫓(やぐら)と言われているんです

天守閣は一度取り壊されてしまいましたけど、一番古い三の丸南隅櫓は江戸中期から残っているんです

昔から櫓が残っている・・・

4つある櫓は、台所櫓・高欄櫓・苧綿櫓・三の丸南隅櫓といいます

台所櫓・・・珍しい名前の櫓です

は~い そうですよね 台所櫓の由来は、窓が高いところの3方にあって、たくさん炊き出しをする際、煙が中に充満しないようにするために、つくられたものといわれています

そげな実用的なつくりやったとは

・・・!

・・・やくもさん・・・

台所から「台所」や「炊き出し」の声が聞こえて美味しそうで来てみただに

あは 今晩は私が腕をふるってお料理準備しています 楽しみにしていてくださいね

わ~いやった~

楽しみです~♪

 

大洲城 平山 

大洲城は平山水属性の槌の城娘です

水属性の近接の城娘は数が少なく、今後も水属性のステージにおいて、水の近接の城娘の活躍が期待されます

特技は、自身の攻撃15%上昇と範囲攻撃の範囲が15%上昇です

攻撃が上がることに加えて、槌の範囲を特技によって補えるので最大化させて使いたいところです

計略『大洲の下台所』は範囲:大で、計略をかけた城娘と範囲内の城娘の回復が3倍になる、便利な回復計略です

また防御50上昇もつくので、範囲内の城娘が3人いたら、合計150、4人いたなら200、合計の防御が上がります

使用まで40秒で、30秒間効果が持続されるので、計略を少ない間隔で使うこともできます

回復計略は、被ダメージの多い、高難易度ステージで重宝されるので、平水の盾のカーナーヴォン城のアイアンリングなどと併用させて使うのも良いです

計略が範囲大となっているので、一度に何人もの城娘にかけれるのが良いです

同じ平山の回復計略の使うことができる宇土城と使い、回復計略をうまく使えばなかなか落ちない布陣を組めます

回復計略を使うことができる、大洲城、宇土城、岩国城、尾山城の特技、計略

範囲大で計略を使えるのは大洲城だけです

大洲城の計略『大洲の下台所』を使います

消費気7で一度に4人の城娘の回復が3倍になりました

計略使用まで40秒で、効果は30秒間持続なので、間隔をあまり空けずに使用でき、兜の追撃にも耐えることができます

また、大洲城の回復計略は防御も上がり、特技も自身の攻撃、範囲上昇で、かわいいメイドでありながら、育成すれば最前線においてもなかなか落ちにくい頼れる城娘です

 

大洲城の歴史と城主

大洲城は鎌倉時代末、この地の守護を務めた伊予宇都宮氏によって最初につくられたといわれています

この時、地蔵ヶ岳に築いたことから、地蔵ヶ岳城とも呼ばれたようです(比志城、大津城とも別名いわれています)

伊予宇都宮氏は、下野国(現在の栃木県)の宇都宮氏の流れをくみ、藤原鎌足(大化の改新で有名)の系譜であったとされています

伊予宇都宮氏は240年近く、この地を治めていました

西国の大名、毛利氏の伊予出兵を1567年に受け、篭城した大洲城で、家臣の大野直之に裏切られ、大洲城から追われることになります

その後、大野直之が小早川隆景に攻められると、大洲城は小早川氏が治めることになります

その二年後、1587年に小早川隆景が筑前国名島に移封されると豊臣家、家臣の戸田勝隆が入りますが、この頃の統治は、以前この地を治めていた伊予宇都宮氏の前の勢力との対立もありなかなか大変だったという説もあります

戸田勝隆が世継ぎなく、没し改易されると、築城の名手といわれる藤堂高虎が入り、大洲城を改修したといわれます

その後、藤堂高虎から、脇坂安治、加藤貞泰と移り、明治まで加藤氏が大洲をおさめました

藤堂高虎が築城した宇和島城は大洲城から徒歩と電車で1時間30分ほどで行けるので大洲城と宇和島城も一緒に見に行くのと楽しいと思います

大洲城とおひじと肱川の人柱伝説

大洲城には人柱の伝承が伝えられています

昔、この地を治めていた宇都宮氏の頃、大洲に城を築こうとしました

下手の高石垣だけが、何度も積んでも崩れてしまいます

色々工夫しますが、同じことでした

これは、神様の祟りに違いない、と人々は思い、神様の怒りを鎮めるため、石垣の下に人柱を立てることになったのです

人柱に自分からすすんでなろうとする者はおらず、くじ引きで人柱になる人が選ばれました

このくじに当たったのが、おひじという娘でした

家族は悲しみ、人々は気の毒に思いました

人柱になるおひじに、何か言い残しておくことはないか聞き、

おひじが、「他に望みはありませんが、この城下を流れる川に、どうか、私の名前を付けてください」

おひじはそういい残して人柱になりました

出来上がった高石垣は、もう二度と崩れることはなくなり、城は立派に建ちました

人々は、おひじの頼み通り、城下を流れる川に比地川(今の肱川ひじがわ)いう名を付けて、おひじの魂を慰めました

その後、おひじの住んでいた所は比地町と呼ばれ、城は比地城(大洲城)とも呼ばれるようになりました

おひじは16歳で人柱になりなくなったといわれており、肱川では水害も多いことから、水害を鎮める人柱になったという説もあるようです

肱川は豊富な自然資源でもあり、産業、農業にも活用され、愛媛県大洲市の伝統漁法、『鵜飼い』も行われています

南予地方(なんよ)の料理

藩政の頃からあるいもたきは、この時期の里芋を主役に、鶏肉、こんにゃく、油揚げ、舞茸などを入れて食べるんです

大洲市が最近力を入れている、O級グルメ(ローマ字のオーに級でオーキュウグルメと読みます)では、豚肉と栗をご飯とひつまぶし風にして食べるとんくりまぶしも美味しいですよ

焼いた鯛をほぐした身を乗せて食べる鯛めしもすご~く美味しいですが

宇和島、大洲の鯛めしは、鯛の刺身を醤油、みりん、生卵、ごま、だし汁で割ったタレに入れて、ご飯に乗せて、海草やのりなど薬味をかけて頂くんですよ

ということで、みなさん、いもたきと、とんくりまぶしと、鯛めし、どうぞ召し上がってください

いただきます~

な、なんて豪華なご馳走やけん

すごい豪華ですし、知らなかったご当地料理もあって食欲の秋にぴったりなご馳走ですね

いもたき、とんくりまぶしは、今が旬なのでどんどん食べてくださいね

大洲城ありがとうだに~

・・・

やくもったら、新しい城娘さんが来ても、普段通りたくさん食べるわね

千狐、褒めてくれてるみたいやけど、とんくりまぶしの2杯目に、だしのお湯かけてひつまぶし風にして食べるとうまいけん

褒めてはないけど・・・もう2杯目にいってるの・・・

いもたきも美味しいですね 里芋がたくさん入って昔から郷土で親しまれてきた歴史のある味わいがします

特製のタレに鯛の刺身をつけてご飯に乗せて食べる鯛めしは、なんて美味しさなんでしょう

え、えっと、こうやって特製のタレにつけた鯛のお刺身を、あつあつのご飯に乗せて、それにワカメとか海草、海苔を乗せて・・・

でも、あつあつのご飯にお刺身を乗せると、刺身があたたくなって、、

こうやって、刺身があまり熱くなりすぎないうちに口に運んで食べるだに

・・・そ、そうか!そうやって食べれば美味しく頂けるわね

郷土料理

大洲市のO級グルメには、大洲の特産品を生かした料理が名を連ねます

大洲の里芋を使ったコロッケもあり、坂本竜馬は、抜藩する時に大洲市内の河辺から長浜にかけて道を渡り、脱藩したといわれており、坂本竜馬の脱藩おにぎりなんていうメニューもあります

江戸末期の旅館の現存する蔵を使った、お食事どころ『大洲炉端 油屋』では、とんくりまぶし、鯛めしを頂け、席が良ければ店内から、大洲城を見ながら食事できます

またお店の前には、 かって銀行として使われていた大洲赤煉瓦館もあるので観光の際行ってみると面白いと思います

坂本竜馬と大洲藩のいろは丸

いろは丸 大洲藩所有船
広島県福山市鞆町 いろは丸展示館

いろは丸は大洲藩が所有していた蒸気船でイギリスのバーミンガムで建造された船だったといいます

なぜ有名なのかというと、この、いろは丸は坂本竜馬や土佐藩士が商社として活動していた海援隊が利用していた船だったからです

いろは丸は海援隊の坂本竜馬が海運業務を行っていましたが、四国の瀬戸内海で紀州藩の軍艦に衝突されてしまいました

この事故で、いろは丸は沈没

船内の多くの積荷も沈んだといわれてます

事故の現場から大きい港が広島県福山市の鞆(とも)の浦であったことから、鞆の浦で損害賠償交渉が行われたのでした

竜馬は、沈没した積荷は鉄砲、銃火器、金塊であり、総額合計8万3526両198文だったから、全部損害を支払いしてほしいと紀州藩にいいます(今でいう約25億~42億円)

紀州藩は竜馬側の賠償に7万両払いましたが、2006年に行われた、いろは丸の沈没場所の調査で、竜馬が沈没したと話し賠償を要求した、鉄砲、銃火器は発見されなかったそうです

なぬっ!

大洲城の印象は

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...

愛媛県大洲城へは

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...
Amazon.co.jp ウィジェット

The following two tabs change content below.
美月菜奈

美月菜奈

初心者のんびり気まま 効率よりも仲良く楽しく 煽り、迷惑行為、粘着行為、つきまとい行為、めんどくさい方は、恐れ入りますが固くご遠慮させて頂いております